RapidResponse Kinaxis

超高速処理によるサプライチェーン全体の
可視化、市場変化、需給変動への即応を支援

「サプライチェーンで勝つ」 それがエクサの提案です

Kinaxis RapidResponseが実現する統合型SCM

RapidResponse は、サプライチェーンプランニングの分野でグローバルリーダーに位置づけられるクラウドサービスです。

グローバルで多くの製造業のお客様にご採用いただき、PSIの高度化に寄与しています。国内でも数多くのお客様がサプライチェーン改革の切り札として導入が進んでいます。

Kinaxis RapidResponsが実現する統合型SCM

先進企業を支える もうひとつのMRP

Kinaxis RapidResponseの特長

RapidResponseは、需給の急激な変動に際して、異常を瞬時にアラートし、迅速な意思決定・対応を支援するSCM、S&OPソリューションです。

リアルタイム高速多段MRP

制約も考慮した高速多段MRPによる需要・供給連鎖をリアルタイムで実現することで、常に需給の状況に応じた整合性のある各拠点の最新状況(PSI)をリアルタイムで共有する事が可能です。

計画の自動生成と意思入れ

RapidResponseでは、需給調整の業務として当然制約として考慮すべき計画の自動生成を高速で行うだけでなく、人によるハンド調整を効率的に取り込むマンマシン・インターフェースを備えることで、システムと人間のそれぞれの強みを活かした柔軟な需給調整の仕組みを提供します。

アラート

需給調整業務では、大量の需給調整データの中から人の対応が必要となる事象を選択・抽出し、それに活動を集中させる仕組みが必須です。

RapidResponseでは、事前に設定した基準を超える事象を抽出するアラート機能により重点的・効率的な業務遂行を支援します。

シナリオ

RapidResponseでは、シミュレーション環境をその場で複数作成することが可能です。これをシナリオと呼び、複数の需給調整案をシミュレーション・評価するための基本的枠組みです。

シナリオを利用して年度計画との比較や前回計画との比較が行えます。

PSIの一元管理とヒエラルキー

RapidResponse上で生成された各拠点のPSIデータは一元管理され、 PSIデータの表示においてはヒエラルキー機能を用いて地域・製品などの 属性による選択が可能です。

ヒエラルキー機能によって計画へのアクセス制御も可能です。

数量と金額の読み替え

RapidResponseで取り扱う各拠点のPSIは、バッチでIFを取るのではなく、リアルタイムにワンシステムで「数量」と「金額」の両面での読み替え・評価が可能であり、事業計画の達成を支援するS&OP実現に必須の機能です。

マルチカレンシーに標準で対応しております。

エクサの強み

エクサ × Kinaxisのご提供サービス

需給計画システム導入を成功に導く5つのポイント

Kinaxis RapidResponseの機能一覧

アプリ機能概要ビジネスニーズの例
S&OP
  • 年次計画と目標設定
  • 役割別画面
  • 各計画の整合
  • SOPデータ統合と分析
  • 需給、キャパのアンバランス、解決策の特定
  • SOPプロセスの推進
  • 計画サイクル短縮、精度向上
  • ステークホルダーへ貢献する計画可視化
  • ビジネス最大化、リスク最小化
  • お金と業務パフォーマンス相互の管理と評価
需要計画
Demand Planning
  • 役割別需要入力、業務機能間のコラボレーション
  • 予測精度分析
  • 需要カテゴリの重みづけ
  • マルチシナリオ
  • 統計予測
  • コラボレーションベースの合意
  • イベント管理
  • 予測精度、プロセス改善
  • 業務機能跨ったコラボ
  • 需要計画から乖離した時に素早くトレンドを捉え対応
  • 意味を持った計画をステークホルダーに提供
供給計画
Aggregate Supply Planning
  • 需給ギャップの特定
  • 過剰、またはキー部材、キャパの特定
  • 在庫管理プロセス統合
  • SOPプロセスと統合(需給リバランス)
  • 部材、能力制約踏まえた実現可能な供給計画集約
  • シリーズレベルでの需要計画との整合
  • 需要、供給、在庫リスクを製品、地域、チャネルレベルでトレードオフを高度化
  • 品目階層に応じた供給計画の作成と維持
キャパシティ プラン
(制約レベル)
Capacity Planning
  • 制約部材、能力モデル
  • 利用率分析
  • マルチシナリオ比較
  • 制約管理との同期
  • より早く、正確な能力管理
  • 負荷過大、過小の早期特定と管理
  • ボトルネックとなる新たな制約の特定
  • 地域、時間、製品階層、単位を跨る能力計画、能力制約管理の実施
在庫管理
Inventory Management
  • 品目クラス別在庫目標設定
  • 予実対比
  • キャップ、傾向分析
  • ABC区分
  • 過剰、廃盤在庫分析
  • 全社レベルで、カテゴリ別(製品、仕掛、原材料)在庫レベルの対目標可視化
  • 目標未達の製品、商品、部品の特定
  • 在庫バランス崩れの管理と対策、先手管理
  • KPI達成に向けた打ち手評価
在庫計画 最適化
Inventory Planning and Optimization
  • 一拠点 安全在庫推奨(安全在庫)
  • 多拠点 在庫最適化
  • 目標サービスレベル以上の在庫削減、許容内の在庫最小化設定の効率的な手段開発
  • 保有コストの最小化
  • 目標サービスレベルの達成

関連トピック

このソリューションに関するお問い合わせ

お電話でのお問い合わせTEL:0120-934-863平日9:00~17:00 ※弊社休業日を除く