事業の急激な変化やM&Aに迅速かつ低コストで対応するため、グループ横断の統合生産システムを構築

株式会社LIXIL様【導入事例】

株式会社LIXIL様

膨大な製品の「即納」による顧客満足度向上と欠品による機会損失の削減

株式会社LIXIL

株式会社LIXIL様(以下、LIXIL様)は、事業の急激な変化やM&Aに迅速対応していける「真のグローバル企業」を目指し、経営統合前の各社が個別最適で構築・運用してきたトータルで数千ものシステム機能群を刷新し、グローバル統一を見据えた標準化の実現を進めています。その一環として実績系(ERP)、計画系(MPS)、指示実行系(MES)を横串で貫いた統合生産システムの構築を推進。その核となる統合製造BOM基盤としてエクサのSPBOM、そして計画系システム基盤としてRapidResponseを導入。SCM(サプライチェーン管理)を革新するベストプラクティスの全社即時展開でスピード経営を加速しています。

  • 課題

    膨大な製品の「即納」による顧客満足度向上と欠品による機会損失の削減

  • ソリューション
    • パラメトリック統合BOMソリューション SPBOM
    • 超高速サプライチェーン・プランニング・ソリューション RapidResponse
  • 効果
    • 受注時のリアルタイムBOM生成の実現による生産リードタイム大幅短縮
    • 計画連携(マルチサイト・プランニング)実現による事前調整型の迅速なアクションで即納、欠品による機会損失を削減
    • パッケージ製品をノンカスタマイズで使うことで、従来のスクラッチ開発では数年を要していたシステム展開のリードタイム大幅短縮と業務標準化を実現するとともに、バージョンアップにも容易に対応して、時代に即した機能やサービスを柔軟に利用可能に

事例の詳細はこちらからダウンロードできます

資料では、お客様にインタビューした以下のような内容を掲載しています。

  • 統合生産システム構築の背景/目的
  • BOMソリューションとしてSPBOMを選んだ理由
  • SCMソリューションとしてKinaxis RapidResponseを選んだ理由
  • システム構築によって得られた効果
  • LIXIL様の今後の展望

ダウンロード

※本事例の記事内容は掲載当時のものとなっております。

TOP