全国スキー場のリフト、圧雪車、降雪機の保全管理システムをIBM Maximoで構築

JFEプラントエンジ株式会社様【導入事例】

Maximo導入事例 JFEプラントエンジ株式会社様

索道事業のアフターサービス向上と営業力強化を実現

JFEプラントエンジ株式会社様

JFEプラントエンジ株式会社様(以下、JFEプラントエンジ様)は、全国のスキー場に納入したリフトや圧雪車、降雪機といった設備の保全履歴や予備品在庫、設計図、保全計画などを一元的に管理し、計画的なメンテナンスや設備更新、さらには営業活動の強化を図るためのシステムをエクサの設備保全ソリューション Maximo Base Kitによって構築。設備の安定稼働による顧客満足度の向上、計画的なメンテナンスや調達によるコスト最適化などに加えて、顧客設備の状況に応じた客先訪問や提案による営業力強化などのメリットを実現しようとしています。

  • 課題

    全国のスキー場に導入したリフトなどの設備に対するアフターサービスと営業力の強化

  • ソリューション
    • 設備保全ソリューション Maximo Base Kit(※)
      ※設備・資産管理ソリューション IBM Maximo Asset Management(以下、Maximo)の短期導入ソリューション
  • 効果
    • 設備の計画的なメンテナンスによる繁忙期の安定稼働による、顧客満足度の向上
    • トラブル対応など突発的なメンテナンス作業の迅速化
    • 先々を見越したメンテナンスや補修工事のスケジューリングと、調達コストの最適化
    • 顧客設備の状況に応じた客先訪問ルートの最適化や、製販一体となった提案力の強化

事例の詳細はこちらからダウンロードできます

資料では、お客様にインタビューした以下のような内容を掲載しています。

  • 導入の背景/目的
  • 設備保全システム導入で狙う営業力強化
  • Maximoを選んだ理由
  • エクサを選んだ理由
  • 導入の手順
  • 導入後の効果

ダウンロード

※本事例の記事内容は掲載当時のものとなっております。

TOP